心身のケアに役立つハーブの基礎知識

カモミールは万能ハーブ

沈静効果がありリラックス効果が高いハーブとして用いられています。

 

緊張した神経を落ち着かせる

眠る前に飲むと深い眠りに付くことが出来るようです。またお風呂に入れて香りを楽しみながらリラックスしている方も多いようです。

 

皮ふの炎症を抑える働きもある

虫刺されなどの幹部に用いる事も出来ますし、かぶれなどにもガーゼで湿布して利用することもできます。

 

 

 

ハーブは心と体のケアにとても役立つ植物です。例えばリラクゼーション効果のあるハーブに付いて見てみると、カモミールは万能のハーブと呼ばれるほど評価の高いハーブです。沈静効果がありリラックス効果が高いハーブとして用いられています。また、リンデンというハーブもお勧めです。発汗や緊張を緩和させてくれるハーブで、他のハーブとのブレンドにも適しています。カモミールが苦手な方にお勧めです。さらに、オレンジフラワーというハーブもあります。これはドイツでは伝統的なハーブティーとして使用されていて、緊張した神経を落ち着かせる働きがあると言われています。眠る前に飲むと深い眠りに付くことが出来るようです。またお風呂に入れて香りを楽しみながらリラックスしている方も多いようです。身体のケアに関してハーブはどのように役立つのでしょうか?

 

前述のカモミールは、皮ふの炎症を抑える働きもあります。それで虫刺されなどの幹部に用いる事も出来ますし、かぶれなどにもガーゼで湿布して利用することもできます。また、カレンヂュラはその昔西洋で胃炎や胆のう炎などに用いられたと言われています。また、傷や粘膜の損傷の修復効果もあると言われています。また、その他のハーブにも消化不良などを改善する効能があると言われているものが多くあります。

 

 

家庭で簡単にハーブを栽培する方法

手軽に栽培できるハーブ

バジルやパセリ、シソやローズマリー、ミント、オレガノ、さらにはパクチーなどがあります。

 

シソは日本に古くからあるハーブの一種

抗菌作用、殺菌作用が高いことから、刺身のツマなどで見かけることが多いハーブです。

 

世界に600種類以上あるミント

とても丈夫な種類で繁殖力も飛びぬけています。地植えで育てていると周りの植物を枯らせてしまう場合もあるほどです。

 

 

ハーブの中には自宅で簡単に栽培することが出来るものがあります。例えば、バジルやパセリ、シソやローズマリー、ミント、オレガノ、さらにはパクチーなども手軽に栽培できるハーブです。バジルはイタリア料理で必需品ともいえるハーブの一つですが、春に種をまけば夏以降に収穫することのできるハーブです。日当たりの良い所で、水はけのよい土で育てれば順調に生育してくれます。またパセリも料理に彩を添えてくれますが、彩だけでなく栄養も豊富なハーブです。20℃前後の気温があればいつでも栽培することが出来ますし、ハーブとしての大きさも手ごろなサイズで育てやすいです。花が咲くと株が弱ってしまうのでそれだけ注意して育てれば、たくさんのパセリを収穫することが出来るでしょう。

 

シソは日本に古くからあるハーブの一種です。抗菌作用、殺菌作用が高いことから、刺身のツマなどで見かけることが多いハーブです。これも春に種をまき、夏以降に収穫することができるハーブです。日当たりが良い所で育てると葉が硬くなってしまうため、半日陰で育てるのがポイントです。虫が付きやすいので葉にも水をたっぷりかけてやるようにしましょう。ミントはどうでしょうか?ミントには様々な種類があり、世界に600種類以上あると言われています。しかし、とても丈夫な種類で繁殖力も飛びぬけています。地植えで育てていると周りの植物を枯らせてしまう場合もあるほどです。ミントは地植えで育てる場合、板やブロックを埋めて囲ってやる必要があるでしょう。それが面倒な場合はプランターで育てると良いでしょう。それくらい簡単に育ち、収穫することが出来るハーブです。

 

オレガノもイタリア料理と相性が良いハーブです。トマトやチーズによく合います。育てるのも難しくないため初心者にも扱えるハーブです。ただし高温多湿を嫌うので、風通しの良い所で育ててあげると良いでしょう。すこし乾燥しているくらいが調子が良いようなので、水やりは様子を見ながらすることが重要です。パクチーも育てやすいハーブです。パクチーは苗からではなく種をまいて育てると良いでしょう。苗で育てる場合、根を痛めてしまって枯れてしまうことが多いようです。春か秋に種をまいて育てましょう。日当たりが良くて、水はけのよい土を選んで育てましょう。水はたっぷりと与えてください。暑い時期は日中に水やりをすると枯れてしまうので、朝夕に十分に与えるようにしましょう。

 

地植えの場合、雨や風なのでパクチーに泥はねがあると枯れてしまう事があるので、地面にワラやシートを引いて泥はねを防ぎましょう。多くのハーブは日当たりの良い、水持ちがよく、水はけのよい土を好みます。また、地中海沿岸地域出身のハーブが多いため、弱アルカリ性の土を好みます。日本の土は基本的に弱酸性なので、ハーブによっては弱アルカリ性にするために石灰を土に加える必要があるものもあります。

 

 

病気予防に最適なメディカルハーブとは

メディカルハーブとは自然療法の一つで、人間の体のバランスを整えることで自然治癒力を高めていこうとするものです。薬の場合は一つの症状に対して一つの薬を処方して治そうとしますが、メディカルハーブの場合はそのハーブに含まれている様々な成分がゆっくり時間をかけて体のバランスを整えていこうとするものです。

 

メディカルハーブにはどのような成分があるのでしょうか?良く知られている者にはフラボノイドがあります。これはハーブの色素成分の事で4000種類以上あると言われています。抗酸化作用や、リラックス効果、アレルギー症状の改善などの効能があると言われています。また別の成分にはタンニンがあります。これは簡単に言うと苦み成分の事ですが、これにも抗酸化作用や殺菌作用、脂肪分解作用などがあります。さらに別の成分には、苦味質があり、これには健胃作用、強肝作用などがあると言われています。これらの成分を取り入れる方法には、ハーブティーとして飲用する事や、入浴剤として使用して入浴する事、湿布薬として使用する事や、マッサージ時の浸出油として利用する等があります。

 

メディカルハーブとして利用されているハーブには、ローズヒップやマルベリー、エキナセアやハイビスカスなどが有名なものとして挙げられます。しかし、メディカルハーブを始めるには気を付けなければならない点もあります。それは、アレルギー反応や副作用が生じる可能性があるという点です。特に何かの薬を服用しておられる方や、花粉症などのアレルギーを持っておられる方はメディカルハーブを始めることによって副作用やアレルギーが出る可能性が高いので、事前によく調査したり、かかりつけの医師に相談してメディカルハーブを始めても問題が無いかどうかを確認して始めると良いでしょう。最初に始めるにも少量から始める事や、専門家の指示のもとに始めるのではない場合は長期間の服用を避ける事など意識することが出来ますし、妊娠中は基本的に始めない方が良いでしょう。

 

 

すぐに使えるハーブ資格の選び方

家族の健康を守るハーブは、家庭の中だけでなく仕事としても大きく活躍することもあります。ハーブに関する資格を取得しておくなら、色々な職場で資格が役立つでしょう。ハーブの資格といっても28種類ほどのハーブに関する資格があります。ですから、どの資格を取得するか選ぶ必要があるでしょう。取得後すぐにハーブ資格を使いたいと思っているなら特によく選んで資格を取得することが必要となってきます。ハーブ資格は、日本ハーブセラピスト協会や日本アロマ環境協会など5つの協会が検定や資格の主催を行っています。協会によって資格の内容が異なっていてそれぞれの協会のホームページから資格取得方法や、資格内容を調べることができます。

 

日本ハーブセラピスト協会が行っている検定や資格内容は、ハーブの栽培方法やハーブの歴史、ハーブティーについての内容になっています。資格取得により、心と体をハーブによって癒す方法を他の人に伝えていくために役立つ資格となります。レストランやカフェでも取得後すぐに使えるだけでなく、スペシャリストなどの資格では、講師としてセミナーを行ったり、ハーブティーのサロンを開くことができます。日本アロマ環境協会の資格の内容は、ハーブの基礎知識だけでなく、アロマに関する知識も含まれています。資格取得により、アロマを販売する際にプロのアドバイザーとして販売することができたり、アロマを家庭でどのように用いることができるか専門家として教える資格を得ることができます。こちらも取得後すぐに利用できる資格といえるでしょう。

 

日本メディカルハーブ協会はメディカルハーブに関する知識が試験内容となっています。資格取得すると、メディカルハーブに関する沢山の知識があるので、人の身体の健康に役立つハーブやエッセンシャルオイルを提案できる専門家としてお店やサロンだけでなく、介護施設などでもすぐに使える資格となっています。もちろん講師としてメディカルハーブを教える仕事でも使うことができます。

 

日本ハーブ振興協会が提供している検定や資格の内容は、最大で110種類ものハーブの知識や歴史、利用方法が問われます。ハーブだけでなく、ハーブを利用した世界中の食に関する知識も問われます。試験に合格すると、沢山のハーブに関する知識や人の健康に寄与する食に関する知識があるとみなされますので、日本料理店だけでなく、他の国の料理を提供しているお店でもすぐに使うことのできる資格となっています。

 

ジャパンソープソサエティーが行っている試験内容は、ハーブの基礎知識や歴史、栽培はもちろんのこと、ポプリや染色についても内容に含まれています。資格を取得後には、ハーブ指導者養成校で教える資格を持つことができます。ハーブ指導者養成校を探さなければなりませんが、そこで働けるならすぐに使える資格となるでしょう。

 

それぞれの協会で行っている資格はまずは検定から受けなければならないものもあります。そして、それぞれの資格によってできる範囲が変わってくるものがあります。販売員として資格を取りたいでしょうか。開業するための資格でしょうか。ハーブの良さを教える講師としての資格を得るために資格を取得したいでしょうか。どこまでのレベルの資格が必要か確認して、よく計画して資格取得を行いましょう。そうすることによって、資格を取得後すぐに使うことができる資格となるでしょう。もしどの資格か迷う人は、気になる検定を受けてみることもできるかもしれません。

 

販売員として資格を取りたいでしょうか。
開業するための資格でしょうか。
ハーブの良さを教える講師としての資格を得るために資格を取得したいでしょうか。

要点を紹介するキャラクター

 

 

セルフケアに役立つ健康スキル資格ランキング

ハーブに関する検定には28種類ほどありますが、その中でも人気な資格をランキングしてみましょう。

 

画像名を入力

メディカルハーブカウンセラー検定試験の特徴

メディカルハーブカウンセラーとは薬効のあるハーブを人の状態に合わせて使い方、調合を提案する仕事です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
メディカルハーブカウンセラー検定試験の総評
  • メディカルハーブの知識を持ち、他の人の状況に合わせてカウンセリングできる
  • 試験内容はハーブの基本的知識に加え、ハーブティーについてやハーブの料理、コスメなど
  • 受験は在宅なので落ち着いて実力を発揮することができる
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

ハーブライフインストラクター検定試験の特徴

ハーブの知識、和ハーブの種類、作用、利用法、栽培方法、栄養学、生理学的知識などが内容となります。この資格を取得するとインストラクターとして講師となれます。受験は自宅で受けることができます。

総合評価 評価45
使いやすさ 評価45
掲載情報量 評価4
ハーブライフインストラクター検定試験の総評
  • ハーブを生活に活かし、豊かな生活を促進させる
  • ハーブセラピストとして活躍する事も可能です
  • ハーブの様々な利用方法、また栄養に関する知識が身に付く
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

ハーブ検定試験の特徴

日本ハーブセラピスト協会が主催し、年に4回行われます。こちらもハーブの基礎的な事柄からハーブティーの利用法、栽培方法などが試験内容となります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価35
ハーブ検定試験の総評
  • ハーブティーの利用法、栽培方法などが知識を習得できる
  • 健康を維持するために用いるハーブの知識が身に付く
  • フレッシュ・ドライ共に実際のハーブが認知できる
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

和ハーブ検定試験の特徴

和ハーブ協会が認定しており、和ハーブに関する知識、種類、作用、育て方、栄養学などが内容となっています。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
和ハーブ検定試験の総評
  • 知識、種類、作用、育て方、栄養学に関する知識を習得できる
  • 取得した知識や資格を日常生活や職場などで活かせる
  • 上位資格の和ハーブインストラクターや和ハーブアドバイザー資格がある
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

メディカルハーブ検定試験の特徴

メディカルハーブの基本的知識に加え癒やしレシピなどから出題されます。資格取得後は、協会会員となり研修プログラムを受講することができます。受講が終わると上位資格であるメディカルハーブコーディネーターの資格が得られます。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
メディカルハーブ検定試験の総評
  • メディカルハーブの基本的知識を習得できる
  • ハーブティーの香りや 色、はたらきを学び、毎日の暮らしの中で活用できる
  • 受講が終わると上位資格であるメディカルハーブコーディネーターの資格が得られる
詳細レビューへ公式サイトへ

 

第1位:メディカルハーブカウンセラー検定試験

1位は、通信講座で資格取得する方が多い、「メディカルハーブカウンセラー検定試験」です。メディカルハーブカウンセラーとは薬効のあるハーブを人の状態に合わせて使い方、調合を提案する仕事です。試験では、ハーブの基本的知識、種類、利用法、栽培方法、歴史、ハーブを楽しめる知識や技術の内容です。

 

第2位:ハーブライフインストラクター検定試験

2位は日本安全食料料理協会が主催「ハーブライフインストラクター検定試験」です。日本安全食料料理協会が主催試験は、ハーブの知識、和ハーブの種類、作用、利用法、栽培方法、栄養学、生理学的知識などが内容となります。この資格を取得するとインストラクターとして講師となれます。受験は自宅で受けることができます。

 

第3位:ハーブ検定試験

3位に「ハーブ検定試験」です。日本ハーブセラピスト協会が主催し、年に4回行われます。こちらもハーブの基礎的な事柄からハーブティーの利用法、栽培方法などが試験内容となります。受験料は8,640円です。こちらの試験は試験会場があるのでお気をつけください。この資格は1級、2級とあり、1級の更に上位資格としてハーブセラピストがあります。2級では10種類のベーシックハーブが出てきます。さらに、試飲をする実技もあります。1級になると2級で出題されるハーブの他10種類となります。こちらも実技があります。

 

第4位:和ハーブ検定試験

続く4位には「和ハーブ検定試験」です。和ハーブ協会が認定しており、和ハーブに関する知識、種類、作用、育て方、栄養学などが内容となっています。上位資格は和ハーブインストラクターや和ハーブアドバイザー資格、さらに特化資格としてフィールドマスター、フードマスター、メディカルアドバイザーあります。

 

第5位:メディカルハーブ検定試験

5位は、年に2度開催される、日本メディカルハーブ協会認定の「メディカルハーブ検定試験」です。最近沖縄も受験都市として申請されました。また、ハーバルセラピストとしても知られている蛯原友里もこの資格を持っていることで、人気が高まってきています。メディカルハーブの基本的知識に加え癒やしレシピなどから出題されます。資格取得後は、協会会員となり研修プログラムを受講することができます。受講が終わると上位資格であるメディカルハーブコーディネーターの資格が得られます。この研修プログラムはハーバルセラピスト、シニアハーバルセラピスト、ハーバルプラクティショナー、ホリスティックハーバルプラクティショナーの4コースがあります。

 

一番おすすめなのは「メディカルハーブカウンセラー資格」

健康維持、病気予防、リラックス効果、デトックス効果など日々の生活に活かせる
試験内容はハーブの基本的知識に加え、ハーブティーについてやハーブの料理、コスメなど
ハーブを用いたエステやマッサージサロン、園芸店、講師などの仕事で活用できる

人気で一番オススメの資格と言えば、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催するメディカルハーブカウンセラー検定試験です。メディカルハーブとは、健康維持、病気予防、リラックス効果、デトックス効果など薬効のあるハーブのことです。メディカルハーブは薬剤のような即効性はありませんが、ハーブを用いて治癒する力を補助するというものです。メディカルハーブカウンセラーとはメディカルハーブの知識を持ち、他の人の状況に合わせてカウンセリングできると認められた人のことです。

 

試験内容はハーブの基本的知識に加え、ハーブティーについてやハーブの料理、コスメなどが取り上げられています。ハーブの種類は多いため合格基準は70%以上の評価となっており、試験は年6回行われ、受験は在宅なので落ち着いて実力を発揮することができるでしょう。申し込みはネットで行い、受験料は10,000円です。資格取得後は、ハーブ専門店や喫茶店などの飲食店、ハーブを用いたエステやマッサージサロン、園芸店、講師などの仕事で活用できたり、自分の疲労回復や美容など日常生活の中でハーブの知識を活用できます。

 

公式ページはこちら

 

まとめ

ハーブは身近な植物として昔から人々に愛されてきた植物ですが、近年新薬ばかりに頼って体を治そうとする西洋医学一辺倒の傾向から、もっと自然治癒力を利用した健康維持方法に回帰してきています。ハーブもその流れで人気が高まってきています。効き目はもちろん穏やかで時間がかかりますが、天然成分で体に優しく、上手に使えば副作用なども心配する必要が無いため、多くの人が再び注目してきています。最近はハーブの知識も学術化されてきていて、専門的な知識に基づいてハーブを利用する流れが出てきています。

 

さらにハーブは自宅で簡単に栽培できるもの多いので、手軽に健康的な生活習慣を手に入れることが出来ます。薬用効果を求めなくても、ハーブは料理やアロマとしても楽しむことが出来る植物です。ゆっくりとした時間を楽しんだり、家族でおいしい食事を楽しんだりするためにもハーブは利用することが出来ます。身近な所からハーブを用いてより良い生活を楽しむのはいかがでしょうか?

更新履歴